柏駅東口徒歩3分

眼科一般・小児眼科・神経眼科
メガネ・コンタクトレンズ処方

今月のお知らせ

はやり目(流行性角結膜炎)の患者さんが増えてきましたNew

更新日 2019年7月2日

患者数が過去10年で最多だった昨年ほどではないようですが、今年も引き続き「はやり目」の患者さんが多い印象です。

強い充血、まぶたの腫れ、強い痛み、ひどい目ヤニなどは、「はやり目」の疑いがあります。

当院では、「はやり目」など他の患者さまへの感染が疑われる方は、院内感染予防のため、医師の指示により、スタッフが待合室の場所をご案内することがあります。

また、再診につきましても、スタッフが1階のエレベーター前までお迎えに参りますので、事前にお電話でのご連絡をお願いいたします。

流行性角結膜炎

当院は赤ちゃんなども受診されています。他の患者さまへの感染を予防するためにも、ご協力をよろしくお願いいたします。

紫外線が強くなってきました

更新日 2019年6月5日

6月に入り、日差しの強い日も多くなりました。

サングラスについて患者様から質問を受けることも多いのですが、まずは、必ずUVカットのレンズになっているかを確認して下さい。

「仕事などでもUVカットのメガネをかけたいけれど、黒く色が入っているレンズは職場ではちょっとかけられない」という方も多いかと思います。

サングラス

当院と提携しているシミズメガネでは、UVカットのレンズに、<色をほとんどつけない~色を入れる>まで、お好みで作ることができます。

ブルーライトも紫外線ですので、UVカットがされていれば安心です。

私は、ほとんど色が入っていないUVカットの中近のメガネを毎日使っています。

ローズコンタクトでもUVカットのコンタクトレンズを取り扱っております。

眼の紫外線対策も考えていきたいですね。

学校検診が始まりました

更新日 2019年5月7日

連休も終わり、花粉症も落ちついてきました。

学校検診で、視力の再検査の用紙をもらったお子様もいらっしゃるかと思います。忘れないうちに眼科を受診しましょう。

特に、メガネ処方が初めてのお子様、ここ最近急に近視が進んだお子様、目薬を使った精密屈折検査が必要なお子様は、検査に時間がかかる事があります。

出来るだけ早めの時間帯での受診をお勧め致します。

また、斜視が疑われるお子様に関しては、視能訓練士によるご予約の検査となります。

ご希望の方は、お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。

検査

ご理解・ご協力の程、
宜しくお願いいたします。

ゴールデンウィーク期間の休診のお知らせ

更新日 2019年4月3日

花粉症の季節が続いておりますが、今年の調子はいかがでしょうか。

まだ暖かい日は花粉は要注意です。症状が収まらない方は、是非御来院下さい。

当院のゴールデンウィークの休診は4月29日(月)から5月6日(月)までとなります。

ゴールデンウィーク前の4月27日(土)は、午前:院長診察、午後:笠原医師、4月28日(日)は笠原医師の診察となります。

ゴールデンウィーク明け5月7日(火)は、通常通り院長の診察となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

休診のお知らせ

今年も花粉症の季節がやってきました

更新日 2019年3月1日

寒さが去り、だんだんと暖かくなってきました。花粉症の季節です。

今年の関東地方の花粉の量は、例年並みとの事です。

当院では花粉症の点眼薬だけでなく、内服薬・点鼻薬も処方しております。

以前と同じお薬を処方希望の方は、お薬手帳をお持ちいただくとスムーズです。

花粉症の季節

院長の私も花粉症持ちです。この時期は洗濯物も外には干さずに室内干しにしています。

花粉症の方はなるべく部屋に花粉を持ち込まないようにしましょう。

柏市の花粉飛散の毎日の予報はこちらから見る事ができます

花粉症の「初期療法」について

更新日 2019年2月1日

まだまだ寒い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

空気も乾燥しており、インフルエンザも流行しております。眼科では乾燥によりドライアイの患者さんがとても増えています。

寒波が去った後は、また花粉症の季節です。

花粉症の「初期療法」について

実際に花粉が飛び始める前に、あらかじめ花粉症対策のアレルギー薬を始めることを「初期療法」と呼びます。

「初期療法」をする事で症状を軽減する事が期待できますので、是非ご相談ください。

初期療法で花粉のシーズンに備えよう(参天製薬)

「ローズコンタクト」ホームページリニューアルのお知らせ

更新日 2019年1月7日

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

当院併設の「ローズコンタクト」のホームページがこのたび、新しく、見やすくなりました。

ローズコンタクト

https://rosecontact.com/

コンタクトレンズの購入ご希望の方はどうぞご覧ください。

「ローズコンタクト」ホームページリニューアル

まだまだ寒い日が続きますが、どうかご自愛ください。

年末年始の休診のお知らせ

更新日 2018年12月1日

年末年始は、12月27日(木)より1月3日(木)までを休診とさせていただきます。

新年1月4日(金)から、通常通り、院長の診察となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

年末年始の休診のお知らせ

最近目が乾燥していませんか?

更新日 2018年11月2日

最近、朝、起きると目が開きづらい、夕方や夜になると目がゴロゴロしたりショボショボする、疲れやすくなった…などの症状はドライアイかもしれません。

空気が乾燥してくるこの季節、お肌も乾燥しますが、それ以上に目は乾燥しています。

最近目が乾燥していませんか

市販のドライアイの目薬でも治らない…という方には、症状に合わせて色々なドライアイの治療を行っていますので、是非ご相談ください。

赤ちゃん連れの患者さまへ

更新日 2018年10月1日

当院では、赤ちゃん連れの方にも快適に受診いただけるように「オムツ交換台」をご用意いたしました。

「オムツ交換台」は持ち運びのできる折り畳みタイプとなっていますので、ご希望により、スタッフがお手洗いに設置する形となります。

赤ちゃん連れの患者さまへ

オムツ交換の必要がございましたら、どうぞ、お気軽にスタッフにお声かけください。

「まぶた」で気になることがある方へ

更新日 2018年9月3日

「まぶた」にできものがある、「まぶた」がかぶれている、「まぶた」が腫れている、「まぶた」が下がってきた…など、「まぶた」に気になる症状があるけれど、眼科に行けばいいのか、皮膚科に行けばいいのか分からないというお話をよく聞きます。

「まぶた」で気になることがある方へ

当院ではまぶた(眼瞼)や眼の周囲の病気も診察、治療をしています。

その中で、皮膚科や形成外科の先生の診察が必要と思われる症例の患者さんについては、責任をもって、ご紹介をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

まだまだ、残暑がきびしい毎日が続きそうです。ご家族の皆さま、くれぐれもご自愛ください。

お盆休診日のお知らせ

更新日 2018年8月1日

お盆期間中は、8月11日(土)より8月16日(木)までを休診とさせていただきます。

お盆休診日のお知らせ

8月17日(金)からは、通常通り院長の診察になります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

※なお、8月20日(月)は、院長の診察になります。

今まで一度も眼科にかかったことがないので心配という方へ

更新日 2018年7月2日

目のことで気になることがあるけれど、今まで眼科にかかったことがないので、どんな検査をされるのか心配という方がいらっしゃると思います。

今まで一度も眼科にかかったことがない方へ

当院では検査の前には必ず検査内容のご説明をいたします。眼科では基本的に痛い検査や診察はありません。

痛みが出る可能性がある検査や処置をする場合には、ご説明をしてご理解いただいた上で、麻酔などで痛みが出ないようにいたしますのでご安心ください。

※なお、7/14(土)は、午前院長、午後笠原医師の診察となります。よろしくお願いいたします。

「はやり目」が流行っています

更新日 2018年6月2日

アデノウイルスへの感染が原因で充血やまぶたが腫れる「はやり目」が流行しています。患者の数も過去10年間で最多となっているとのことです。

参考「はやり目(流行性角結膜炎)」(国立感染症研究所)

当院では、「はやり目」など他の患者さまへの感染が疑われる方は、院内感染予防のため、医師の指示により、スタッフが待合室の場所をご案内することがあります。

「はやり目」が流行っています

また、再診につきましても、スタッフが1階入口までお迎えにまいりますので、事前にご連絡をお願いいたします。

当院は赤ちゃんなども多く受診されています。他の患者さまへの感染を予防するためにも、ご協力をよろしくお願いいたします。

ゴールデンウィークの休診について

更新日 2018年4月24日

ゴールデンウィークは、祝日振替えの4月30日(月)、祝日の5月3日(木)、5月4日(金)、5月5日(土)を休診とさせていただきます。

診療については、4月28日(土)は院長、4月29日(日)は笠原先生、5月1日(火)、5月2日(水)は院長、5月6日(日)は代診の先生、その後はいつも通りのスケジュールとなります。

花粉症まだ続いています

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

詳しくは『診療時間・休診日』のページをご覧下さい。

花粉症まだ続いています!

更新日 2018年4月4日

今年は昨年より花粉の量が多く、「昨年、目の痒みや鼻水が治まっていた薬でも、今年は治まらない」といった患者さんが多く見受けられます。

花粉症まだ続いています

我慢して辛い思いをするよりも、お薬を変えて楽になる事もあります。現在ご使用のお薬で痒みが治まらないような方は、ぜひ、ご相談下さい。

また、小学校では、視力検査の時期になりました。視力不良とのことで学校から用紙をいただいた生徒さんは、忘れないうちに眼科で検査をお受けになることをおすすめいたします。

花粉症が始まりました

更新日 2018年3月1日

また今年もこの季節がやってきました。毎年辛いですね。

医師の私も花粉症があるので、点眼薬・点鼻薬・内服薬(飲み薬)を使用しています。洗濯物も室内に干し、花粉を部屋の中になるべく持ち込まないように注意しています。

花粉症が始まりました

当院では、点眼薬だけでなく、点鼻薬・内服薬(飲み薬)も院内でご用意しております。お困りの方は、ぜひ、医師にご相談下さい。

また、当院を初めて受診される方で、以前処方されたお薬と同じお薬をご希望の方は、「お薬手帳」をお持ちいただければ、スムーズなご対応ができます。よろしくお願いいたします。

花粉症の時期になりました

更新日 2018年2月5日

寒い日が続いていますが、これから暖かくなると、また、スギ花粉の季節がやって来ます。今年の花粉予想は例年並、花粉が少なかった昨年に比べると約1.5倍になるようです。

花粉症の時期になりました

毎年、花粉症で悩んでいる方はそろそろお薬を始めたほうが良さそうです。

花粉症は、症状が出る前からお薬による「初期療法」(花粉が飛び始める2週間位前から治療を開始すること)を始めていると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげることができます。

また、初期療法は、早期に症状を改善させることもできるため、結果として、お薬の量を減らすこともできます。つらい花粉症でお悩みの方は、是非、初期療法をご検討下さい。

当院では花粉症の点眼・内服・点鼻薬も処方しております。

毎年つらい花粉症でお悩みの方は、医師にご相談下さい。

参考「2018年春の花粉飛散予測」(日本気象協会)

人間ドックや健康診断の結果をそのままにしていませんか?

更新日 2018年1月9日

春や夏に人間ドックや健康診断の眼底写真の検査を受けた方で、「再検査」や「要精査」の指示をされていたのに、忙しくてそのままにされている方がいらっしゃると思います。

詳しい検査をご希望の方は、できるだけ検査結果をご持参の上、受付で、そのむね、お話しください。

人間ドックや健康診断の結果をそのままにしていませんか?

また、小学校など学校検診で眼科受診を勧められたお子様も、検査を行なっておりますので、同じく、ご相談をお願いいたします。

毎日、寒い日が続いていますが、どうぞ、お身体にはお気をつけください。

年末年始の休診のお知らせ

更新日 2017年12月1日

年末年始は、12月28日(木)より1月4日(木)までを休診とさせていただきます。

年末年始の休診のお知らせ

新年1月5日(金)から、通常通り、院長の診察になります。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

ドライアイについて

更新日 2017年11月6日

木枯らしが吹き、少しずつ寒さが増してきましたね。空気が乾燥し、お肌も乾燥する季節、目もとても乾燥しています。

朝起きてすぐに目がしょぼしょぼする、夕方になると目が痛くなってくるなどの症状はドライアイかもしれません。

ドライアイについて夏の時期は問題ないのに、乾燥するこの時期だけ症状が出る患者さんもいらっしゃいます。

気になる症状がある方は是非ご相談下さい。

参考「ドライアイ」(参天製薬)

老視(老眼)について

更新日 2017年10月5日

今までメガネなしで良く見えていたのに最近近くが見づらくなってきた人や、今までは、メガネで遠くも近くも見えていたのに最近になって見づらくなってきた人は老視(いわゆる老眼)かも知れません。

誰でも、30代後半くらいからピントを合わせる力(調節力)が落ちてきます。

当院のバリアフリーについて

「最近、なんだか見づらいなぁ」という方は、お使いになっているメガネの度数のチェックも含めて、いろいろお調べいたしますので、受付でお伝えください。

参考「老視」(日本眼科学会)

当院のバリアフリーについて

更新日 2017年9月1日

当院ではビルの入口から院内すべてがバリアフリーとなっております。

車椅子の患者さんやベビーカーをご利用の患者さんも、そのままで、ほとんどの検査をお受けいただくことができます。

また、赤ちゃんのオムツ替えの場合は、場所をご案内いたします。スタッフにお声掛けください。

当院のバリアフリーについて

お身体にご不自由があり、介助が必要な場合も、スタッフがお手伝いいたしますので、遠慮なくお声掛けください。

お盆休診日のお知らせ

更新日 2017年8月2日

お盆期間中は、8月10日(木)より8月17日(木)まで休診とさせていただきます。

8月18日(金)から通常通り院長の診察になります。

お盆休診日の前後は、混雑が予想されますので、お時間に余裕を持ってご来院ください。比較的空いている平日の午後のご来院をお勧めいたします。

お盆休診日のお知らせ

皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

お盆休診日のお知らせ

更新日 2017年7月3日

お盆期間中は、8月10日(木)より8月17日(木)までを休診とさせていただきます。

お盆休診日のお知らせ

8月18日(金)からは、通常通り院長の診察になります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

はやり目の患者さんが増えてきました

更新日 2017年6月2日

はやり目の患者さんが増えてきました。

充血や目ヤニ、目の痛みの症状で受診された患者さんのうち、はやり目など他の方への感染の病気が疑われる方は、医師の指示により、スタッフが待合室の場所をご案内することがあります。

また、再診の時も、スタッフが1階入口までお迎えにまいりますので、事前にご連絡をお願いいたします。

当院は赤ちゃんなども多く受診されていますので、他の患者さんへの感染を予防するためにも、ご協力よろしくお願いいたします。

はやり目の患者さん

夏日のような日が続いています。
くれぐれもご自愛ください。

学校の視力検診で眼科受診を勧められたお子さまへ

更新日 2017年5月7日

新学期が始まり、学校から眼科受診を勧められたお子さまも多くなりました。

学校での視力測定の当日に、メガネの処方をご希望されるお子さまも多くいらっしゃいますが、メガネ処方が初めての場合、昨年に比べ急に近視が進んだお子さま・遠視のお子さま・視力不良のお子さま、また、年齢により、正確なメガネ処方を行うために目薬を使った精密屈折検査をお勧めすることがあります。

お子さまの場合、物を見る時に焦点を合わせる働きである「調節力」が強くなってしまい、視力検査の時に近視の度数が強く入ってしまうことがあるためです。

正確な屈折度(レンズの度数)を把握するために、調節を休ませる目薬を点眼して「調節力」を取り除き、精密な検査を行なう必要があります。

学校での視力測定

この場合、1時間程お時間がかかります。また、お子さまの症例によっては、後日、続きの検査を行う場合もあります。どうぞ、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

ゴールデンウィークの休診について

更新日 2017年4月4日

ゴールデンウィークは祝日の4月29日(土)、5月3日(水)、5月4日(木)、5月 5日(金)を休診とさせていただきます。

4月30日(日)、5月1日(月)は笠原先生、5月2日(火)、5月6日(土)、5月7日(日)は院長診察となります。

ゴールデンウィーク中の休診のお知らせ

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

花粉症とアレルギー検査

更新日 2017年3月6日

花粉症がピークになる時期がやってきました。

この時期、目がかゆくなったり、鼻水が出たりすると花粉症かな?と思う方も多いと思います。

実は、花粉症の原因にスギ花粉が多いのは一般的に知られていますが、他に、ハウスダストのダニや、ネコなどが原因となって、これらの症状が出ている場合もあります。

花粉症とアレルギー検査

当院では、スギ、ダニ、イヌ、ネコ、ゴキブリ、ブタクサ、カモガヤ、ヨモギの8種のアレルギーを指先から採血、20分で結果がわかる検査が受けられます。ご希望の方は「院長診察日」に受付でお申し出ください。

また、市販薬などでなかなか収まらない目のかゆみにも、点眼、点鼻、内服を院内処方でご用意しております。ぜひ、ご相談ください。

今年の花粉予想

更新日 2017年2月6日

今年の関東地方の花粉飛散予想ですが、日本気象協会によると、2月中旬に花粉シーズンに突入、3月上旬から中旬にかけて、ピークになりそうです。

関東甲信地方では、気温は高めだったものの曇りや雨の日も多かったため、飛散数は例年よりやや少なくなりそうです。
ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛びはじめます。「花粉飛散開始」という情報を待たずに、花粉対策をはじめる必要があります。

今年の花粉予想

今のうちから花粉対策を始めると良さそうですね。

詳しくは下記をご参照ください。

参考「2017年春の花粉飛散予測」(日本気象協会)

花粉症の初期療法について

更新日 2017年1月6日

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

まだまだ先のことのようですが、今年も花粉症の季節がやってきます。スギ花粉は、関東では1月下旬頃から飛び始めるようです。
花粉が飛び始める2週間くらい前から治療を開始すること(初期療法と言います)が最も効果的とされています。
花粉症の症状が出る前から、お薬による花粉症の初期療法を始めていると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげることができます。また、初期療法は早期に症状を改善させることもでき、結果として、処方される全体のお薬の量を減らすこともできます。

花粉症の初期療法について

毎年辛い花粉症の症状でお悩みの方は初期療法もご検討されてはいかがでしょうか?
当院では花粉症の点眼、内服、点鼻薬も処方しております。医師にご相談ください。

参考「花粉症のメカニズム」(シオノギ製薬)

年始年末の休診のお知らせ

更新日 2016年12月5日

朝晩、冷え込んできましたが、お変わりございませんか?
さて、平成28年12月29日(木)より平成29年1月3日(火)まで、年始年末のため、休診とさせていただきます。
年始年末の休診のお知らせ 新年は、1月4日(水)より、通常通り、診療を開始いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

散瞳検査について

更新日 2016年10月1日

「散瞳検査」とは目薬(散瞳薬)でひとみを大きくして行う眼底検査のことをいいます。この検査は、白内障など水晶体の状態や、目の奥に病気が存在する、または疑われるなど、詳しく調べる必要がある場合に行います。例えば、次のような場合です。

・虫が飛んで見えるような症状=飛蚊症(ひぶんしょう)

・糖尿病や高血圧など内科的に病気を持っている方

・来院時に視力が低下している方・・・など

この検査のために散瞳薬を点眼して30分位するとひとみが大きくなってきます。そうすると目に入る光の量が増えますので、明るい所で、まぶしくなったり、見えにくくなったりします。また、ピントを合わせるのが困難になるため、 近くの物が見えにくくなります。
点眼薬の効果は4~5時間、まぶしい、見えにくいなどの症状はその間持続します が、次第に回復します。
散瞳検査について ただ、車やバイクや自転車の運転は事故につながる可能性もありますので、散瞳検査の必要な方は、当日は公共交通機関でご来院ください。また、受付終了の30分前までのご来院をお願いいたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

代診医師の交代について

更新日 2016年9月1日

毎週月曜日に代診をお願いしておりました乾夏子先生ですが、この10月より群馬県高崎市で「高崎駅けやき眼科」を開業することになり、残念ながら9月12日 (月)をもって当院をご退職することになりました。
10月から月曜日の代診は笠原香織先生が担当することになります。国立千葉大学 医学部卒業の優秀な先生で、院長と同じ国立東京医科歯科大学眼科学教室の同門 の先生です。笠原先生は、とても優しく親切な先生です。また、日曜日の代診を ご担当いただくこともあります。今後共、どうぞよろしくお願いいたします。

お薬の院内処方について

更新日 2016年8月1日

当院では、患者さんの待ち時間と薬剤医療費負担の軽減のため、眼科の一般的な点眼・内服薬は院内処方でご対応させていただいております。

院内処方では当院で承認した先発品と後発品(ジェネリック)を用意していますが、院内処方イメージ用意のないお薬についても、院外処方でお出しいたしますので、先発品、後発品(ジェネリック)など、ご希望のある方は医師にお伝えください。

「はやり目」ってなぁに?

更新日 2016年7月1日

「はやり目」は一般的にウイルス性結膜炎のことで、流行性角結膜炎、咽頭結膜熱、急性出血性結膜炎などの総称として呼ぶことが多いようです。
症状としては、目が赤く充血して痛い、涙が止まらない、メヤニがたくさん出るなどが主な症状です。その他、喉の痛みや耳の下を押すと痛いという症状が出る方もいらっしゃいます。
お子さまの場合は比較的症状が軽く、訴えがあまりないこともあります。
この病気はプール、ドアノブ、手すりなどを触った後、目を触ることでうつることがあります。潜伏期間もウイルスにより2日位から10日前後と様々です。
ウイルス性結膜炎は、学校伝染病に指定されており、発症すると学校などは休む必要があり、治った後も治癒証明書が必要です。
お仕事をされている方も、職場の人にうつす可能性もあるため、休職にするかどうかの確認を得るようお勧めしています。
もちろん、ご家族にうつしてしまう場合も多くあります。
目の充血、痛みなどの症状がある場合は、ぜひ、早めの受診をお勧めいたします。

ウイルス性結膜炎イメージ

「はやり目かな?」と思われた場合には、可能であれば、電話連絡の上でのご受診をお願いいたします(混雑している待合室などで感染してしまうケースも少なくないからです)。

詳しい症状については下記の日本眼科学会のホームページをご参照ください。 ※「ウイルス性結膜炎」

新学期が始まりました!

更新日 2016年5月12日

新しい学校生活には慣れましたか?
学校での視力検査で「再検査」になり、眼科検診の連絡用紙を貰ってくるお子さまも多い頃でもあります。
視力が悪く、黒板がよく見えない状態になっていると、授業になかなか集中できず、勉強にも支障がでてしまいます。連絡用紙をいただいたお子さまは、忘れないうちに眼科を受診しましょう。
また、視力検査などで集中力が続かない小さなお子さまには、ほんのわずかな時間、顔にかざすだけで、近視や遠視の度数を調べることができる『ハンディーレフラクトメーター』が当院にあります。一度、受診をおすすめいたします。

検眼イメージ

検査はいつでも可能ですが、この時期、当院は月から水ようの午後、日ようが比較的空いています。
※月ようは乾先生、日ようは代診の先生になります。

花粉症とアレルギー検査

更新日 2016年4月1日

このたび、ホームページ(スマホ版)が始まり、「今月のお知らせ」を書くことになりました。その時々に、分かりやすい言葉で説明をしていきたいと思います。今回はお困りの方も多い花粉症に関わるお話しです。
この時期に目がかゆくなったり、鼻水が出たりすると花粉症かな?と思う方も多いと思います。実は、一般的な花粉症のスギ花粉が原因の他に、ハウスダストのダニや、ネコなどが原因となり、これらの症状が出ていることもあります。
当院では、スギ、ダニ、イヌ、ネコ、ゴキブリ、ブタクサ、カモガヤ、ヨモギの8種のアレルギーを指先から採血、20分で結果がわかる検査が受けられます。ご希望の方は「院長診察日」に受付でお申し出ください。

花粉症

また、市販薬などでなかなか収まらない目の痒みにも、点眼、点鼻、内服を院内処方でご用意しております。ぜひ、ご相談ください。