09:30 〜 13:00
15:00 〜 18:00

▲土曜日
 17時まで

○日曜日
 14時-17時まで

〒277-0005
千葉県柏市柏2-8-20 シミズビル2F

花粉症とは

花粉症って何?

花粉症は体内に入り込んだスギやヒノキの花粉を排除しようとする免疫機能によって、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどの症状が現れる病気です。特に、目は繊細であるため花粉症によって、目のかゆみ・涙・充血・目やになどの特徴が現れます。

もしかして花粉症?

花粉症セルフチェック

  • 目のかゆみがある
  • 鼻水が透明でサラサラしている
  • 目が充血している
  • くしゃみが一日に5回以上出る
  • 目やにが出る
  • 鼻をかむ回数が一日に5回以上ある
  • 鼻水やくしゃみが続けて出る
  • 朝方に症状がひどくなる

上記に当てはまる場合や悩んでいることがありましたら、当院でお気軽にご相談ください。

また当院では、花粉症なのかどうか調べたい方に、20分で分かるアレルギー検査をご用意しております。
医師またはスタッフまでお問合せください。

花粉症と
コンタクトレンズ

コンタクトレンズのユーザーにとって、花粉はレンズの曇りやアレルギーなどの原因となり大敵です。
そんな花粉の時期にコンタクトレンズユーザーはどう過ごすべきなのか。眼科専門医がお答えいたします。

目がかゆくなったりゴロゴロしたりする理由はなんですか?

アレルギー結膜炎の発症が考えられます。花粉とのアレルギー反応により、まぶたの裏側の結膜に粒状のもりあがりができます。
これがかゆみを生じさせたり、まばたきで黒目と接触するときにゴロゴロした感覚を生じさせます。

かゆみや痛みがある場合でもコンタクトレンズを装用できますか?

花粉症によってアレルギー結膜炎の症状が出ているときにコンタクトレンズを装用すると、かゆみで目をこするなどにより角膜を傷つけてしまいます。
ハードコンタクトレンズの場合は、角膜に傷があると痛みでとてもコンタクトレンズをつけていられませんが、ソフトコンタクトレンズの場合は、痛みを感じにくいため注意が必要です。

花粉症の時期にコンタクトレンズがずれやすいのはなぜですか?

巨大乳頭性結膜炎の発症が考えられます。花粉症によってアレルギー結膜炎の発症で目が弱っているにもかかわらず、コンタクトレンズを装用し続けると、コンタクトレンズの汚れなどによってまぶたの裏側にぶつぶつができてしまいます。悪化すると、角膜を傷つけてしまうこともあります。
異変を感じたらすぐに眼科医に相談してください。レンズの種類により使用可能な場合もありますので、医師にご相談ください。

花粉症の治療法

花粉症に効果的な目薬として、さまざまな種類があります。お手軽な市販薬で済ませる方も多いと思いますが、改善しない場合には、医師が個々の患者さまを診察し処方したお薬を使うことが大切です。
また、保険診療で治療を受けたほうが費用の面でも負担は少なくなります。当院では、ひとりひとりの症状に合わせて4種類の目薬の中から最適なものを処方いたします。

1. 人工涙液点眼薬

目に飛び込んでくる花粉を洗い流す役割があるのは涙です。人工涙液点眼薬が涙の代わりに花粉を洗い流してくれます。
特にドライアイなどで涙の量が少ない人には効果的です。

2. 抗アレルギー剤点眼薬

アレルギー反応の引き金となる細胞を抑制する効果があります。アレルギー反応が起こるより前の時期に点眼することで効果を発揮します。
既に始まっているかゆみにはそれほど作用しません。

3. 抗ヒスタミン剤点眼薬

アレルギー反応が始まると、かゆみや充血などの症状が現れます。抗ヒスタミン剤点眼薬は、これらを抑える効果があります。

4. ステロイド剤点眼薬

アレルギー反応が何度も起こると、炎症が慢性化してしまい角膜などの目の表面の組織に傷が入ってしまいます。それが視力の低下や痛みにつながってしまいます。その炎症を抑えるのにステロイド剤点眼薬が効果的です。しかし、ステロイド剤点眼薬には副作用もありますので、炎症が強いときだけ、眼科専門医の指導のもと点眼するようにしてください。

当院は点眼薬だけでなく鼻症状の
内服薬や点鼻薬もそろえております。

当院では、目のアレルギー以外の鼻症状(くしゃみ・鼻汁・鼻づまり)に対しても内服薬や点鼻薬をそろえております。眼科・耳鼻科・内科と全部通院するのは大変という方はお気軽にご相談ください。患者さまひとりひとりのライフスタイルを考慮し、総合的に判断した上で最適なお薬を処方します。

20分で分かる
アレルギー検査

20分で8項目のアレルギーが検査可能です

この検査は、指先から採血をして、アレルギー疾患の主な原因となる8項目のアレルゲン(スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、ヤケヒョウヒダニ、ゴキブリ、ネコ皮屑、イヌ皮屑)が一度に測定できます。検査所要時間は、約20分です。採血はごく少量で痛みも少なく、小さなお子さまからお年寄りまで検査を受けていただけます。検査により、症状を悪化させている原因(アレルゲン)を特定し、対策することで、点眼や内服治療とあわせて、より効果的な治療が期待できます。
ご希望の患者さまはスタッフまたは医師までお問合せください。

検査可能な8項目

花粉系

  • スギ
  • カモガヤ
  • ブタクサ
  • ヨモギ

ハウスダスト系

  • ヤケヒョウヒダニ
  • ゴキブリ
  • ネコ
  • イヌ

検査内容

  • 指先からの採血で、8項目の特異的IgEを調べます。
  • 検査結果が出るまで約20分です。
  • 痛みが少ない検査です。
  • 保険が適用できる検査です。
    ※3割負担の方で、約3,000円。医療券をお持ちの方は、その金額内で検査可能です。
  • 小さいお子さまも検査できます。

このような方におすすめの検査です

  • 今日、検査結果を知りたい方
  • 忙しくて再来院が難しい方
  • 注射が苦手な方
  • 就学前のお子さま
  • 今まで一度もアレルギー検査を受けたことがない方
  • 自分が何のアレルギーがあるか知りたい方

検査の流れ