09:30 〜 13:00
15:00 〜 18:00

▲土曜日
 17時まで

○日曜日
 14時-17時まで

〒277-0005
千葉県柏市柏2-8-20 シミズビル2F

老眼セルフチェック

老眼チェック項目

  • 本やスマホ、新聞を見るとき、30cm以上離さないと読みづらい
  • 値札にかかれた金額を読み間違えることがある
  • 針に糸を通すなどの細かい作業が苦手になった
  • 夜になるとひどく目が疲れている
  • 近くの物を見るときに目を細めてしまう
  • 近くを見たあとに遠くを見ると、ピントが合うのに時間がかかる

上記に当てはまる場合や悩んでいることがありましたら、一度検査を受けることをおすすめいたします。

老眼の検査は眼科で

40代で始まる目の老化

「近くが見えづらい」などの老眼の症状は、老眼鏡をかけることで緩和されます。そのため、「老眼かな?」と思った場合は、多くの人が眼科ではなく眼鏡店に行く場合が多いです。しかし、自分では老眼だろうと思っても、他の病気による視力低下が隠れていることもあります。例えば、白内障、緑内障、眼底出血などです。これらは、特に40代以降で増えてくる重大な目の病気です。眼科ではきちんと検査した上で、老眼による視力低下を診断します。自分で老眼だと決めつけず、眼科での検診を受けることをおすすめいたします。

老眼の治療方法

老眼は老化で起こってしまう現象なので、特効薬はありません。老眼鏡をかけて矯正する以外に方法はありません。眼科で検査を受けて処方箋をもらい、適正な度数のメガネを使用することが大切です。メガネの種類は、単焦点、遠近両用、中近両用、近近両用など様々ですが、生活習慣や仕事などでの作業距離によって選択する種類は変わってきます。眼科を受診しメガネの処方箋を発行してもらい、それを持って眼鏡店で作るようにしましょう。当院ではコンタクトユーザーの方には、遠近両用コンタクトレンズの処方も行っております。

老眼か迷ったときは

老眼の症状が現れているときは必ず眼科を受診しましょう。老眼と似たような症状の別の病気が潜んでいるかもしれません。
目の病気も、他の病気と同じように早期発見と早期治療が大切です。他の病気が隠れていないかしっかりと確認するようにしましょう。